2012年08月27日

筋トレダイエットで痩せられるのか

筋トレダイエットでどの程度痩せられるか
という実験をしているテレビ番組があった。

ダイエットしたい男女3人づつを募集し、
筋トレダイエット以外の偶然が左右されない環境で
12日後にどの程度のダイエット効果が現れるか実験したもので、
なかなか面白い試みだと思った。

具体的には、それぞれの参加者について、
普段の運動量と食事量を記録し、
合宿中の筋トレ強度をふだんの運動量と同程度にし、
食事も普段と同じカロリーを摂取するという徹底振りだ。

筋トレは朝昼晩の一日三回、
それぞれ定められた回数をこなす。
一日目は上半身、二日目は下半身、三日目は体幹と
鍛える部位をローテーションすることにより、
効果的に鍛えようとするものだった。

最初はヘトヘトな参加者も徐々に慣れたのか、
大きな重りでも、淡々とこなせるようになっていき、
明らかに筋肉がついているようだった。


で、その筋トレダイエットの効果は?


まさかの結果となった。
男性は体重、体脂肪とも大きく減少したのだが、
なんと女性陣の方は少ししか体重が減っていなかった。
1Kgとか・・・。泣いていた。

なぜ、女性は筋トレダイエットで痩せなかったのか?
テレビではこう、まとめていた。
女性はもともと筋肉が付きにくい』と。

だが、幸いなことに(?)ウエストは減っていた。
ほとんど同じ体重なのに10cm近くも痩せたのは不思議ではないか?

これは、いわゆる風船効果ということか?
つまり、風船の真ん中をギュッと握ると、
握ったところは細くなり、中の空気は上下に逃げるというものだ。

しかし、実験では確かにより大きな重りをこなせる様になっていた。
ということは、脂肪が減って筋肉が付いて体重は同じなのか?

筋トレダイエットは筋肉をつけて基礎代謝を上げるのが
痩せる原理だが、女性は基礎代謝がほとんど上がっていなかった。
ということは、やはり筋肉は付いていないようだ。

では、今まで筋肉の使い方を知らなかっただけなのか?

もしかしたら、ウエストが細くなったのは、腹筋ガードル効果なのか?
つまり、今まで腹筋が発達していなかったせいで、
内臓が自由奔放だったのが、腹筋の使い方が上手くなったせいで、
内臓が腹腔内に上手く収まるようになったという事かもしれない。

実験前に思いっきりお腹を凹ませて測定し、
筋トレダイエットの後で普通にウエストを測ってみるとか、
できれば、MRIか何かでトレーニングの前後での
お腹の中の変化を見てみるという検証を
どこかのテレビ番組でやってくれないかなぁ・・・。
posted by しょう at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288689243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。